top of page

よくあるご質問

皆様からお問合せの多いご質問です。

LRTK関連

Q. LRTKアプリを起動すると、ステータスが noRTK となっていますが 問題ありませんか。

A.問題ありません。

LRTKアプリとLRTKシリーズを接続するとステータスは None もしくはnoRTK と表記されます。

接続後に「ネットワーク型RTK」を利用することでステータスが Float や Fix に変化いたします。

Q. LRTKでichimillを使用することは可能でしょうか。

A.はい、LRTKシリーズは全機種ichimillに対応しております。

Q. LRTKクラウド上で図面を重ねることは可能でしょうか?

A.はい、可能です。

​下記のリンク先の動画から方法を確認していただけます。

注意点として、緯経度(10進)のフォーマットで入力をお願いいたします。
 

例として
富山県の県庁所在地は 

緯度:36.695265,経度:137.211305

でございます。

Q. 位置補正情報配信サービスは必要でしょうか。

A.はい、LRTKシリーズで高精度に測位する場合に必要となります。

Q. スターターキットの機能や必要性を教えてください。

A.LRTKシリーズの端末と一緒にご利用いただける1脚や水平器、スマホホルダーやショルダーバッグといった便利道具のセットです。

現場での作業時にお客様がより作業しやすいように考えられたオプションです。

​スターターキットは、おそらく色々な場面でお役立てできるかと存じます。

Q. iPhone,iPadはPro機種である必要ありますか?

A.Pro機種の場合のみ下記の機能がご利用いただけます。

・点群スキャン機能

・被写体測位機能(スマートフォンカメラから少し離れている場所を測位する機能)

ただし、iPhone Pro機種の中でも12 Proと15 Proではセンサ類の性能が異なるため、測位精度が変わる可能性もございます。

そのため、最新のiPhone 15 Pro を推奨しております。

Q. 圏外対応LRTKアンテナの場合はどのようにオフセット値(高さを引き算する値)を設定すればよろしいですか?

A.圏外対応LRTKアンテナをご利用される場合は圏外対応LRTKアンテナからLRTK Phoneの底面までの長さ「208.2mm」をオフセット値として設定いただけますと自動で高さを引き算してくれます。

Q. Androidでもアプリはありますか?

A.あります。

​ただし現在は、Androidアプリでは単点を測位する機能のみとなります。

点群スキャン機能や写真測位機能などの便利機能は全てiPhone, iPad限定の機能となっております。

また、点群スキャン機能はその中でもLider機能搭載のiPhone, iPad(iPhone 12 Pro 以上)のみ動作いたします。

1か所ずつ座標を測位する機能のみであれば Androidアプリでも問題なく動作いたします。

Q. LRTKで取得した座標データをリアルタイムに任意のサーバで受け取ることはできますか?

A.できます。

こちらよりご確認いただけますでしょうか。

Q. LRTKで取得した座標データをリアルタイムにLRTKクラウドで表示することはできますか?

A.できます。

こちらよりご確認いただけますでしょうか。

Q. LRTKアプリにあるロギング機能の取得周期は変更できますか?

A.できます。

こちらよりご確認いただけますでしょうか。

Q. LRTKアプリで取得したデータは有線ケーブルで取り出せますか?

A.できます。

こちらよりご確認いただけますでしょうか。

プロ機種
スターターキット
圏外対応LRTKアンテナ
リアルタイム表示機能

ショップ関連

Q. 支払い方法は何がありますか。

クレジット / デビットカードに加え、その他(現金、代引き、振込等)でのお支払いも可能です。

bottom of page